60歳以上でもOKな個人向けローン・個人向け融資

人気の個人向け融資、60歳の方でもお申し込みOKです。

個人向け融資の代表格であるカードローンは60歳くらいから年齢上限にひっかかるケースが出てきます。カードローンは収入があってこそ返済できるわけですから定年の声が聞こてくる年齢だと基本的には金融機関は貸したがらないものです。
しかし、中には60歳、あるいは65歳とかでも融資OKというところあります。当サイトではそういったカードローン会社を厳選してご紹介します。

 

アイフル

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.5%〜18.0% 来店不要
最短即日
不要 なし 500万円以内
パート・アルバイト・自営業可

管理人より
アイフルは満70歳になった時点で新規貸付を停止すると説明書で書いてますので60歳の方は年齢的な問題はありません。
多くの消費者金融が大手銀行傘下に入っていますが、アイフルは独立系の消費者金融として確固たる地位を築いています。金利水準はカードローンの中でも標準的といえますが、新規申込みの人は最大30日間無利息での借り入れが可能です。
もちろん即日融資に対応するなど審査スピードはトップクラスを誇ります。
今すぐお申し込みいただけます。

 

>>貸付条件はこちら

 

 

モビット

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
3.0%〜18.0% 来店不要
最短即日
不要 なし 1万〜800万
パート・アルバイト・派遣社員・自営業可
※安定した収入のある方

管理人より
モビットの場合、いわゆる純然たる消費者金融とはちょっと違ったイメージを持たれている方も多く、カードローン専業の中でも銀行系の色合いの濃い会社になります。
年齢条件も69歳までの定期収入のある方となっていますので、60歳でお申し込みいただく分にはなんら問題がありません。
今すぐお申し込みいただけます。

 

>>貸付条件はこちら

 

 

 

 

みずほ銀行カードローン

みずほ 金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 最大限度額
年2.0%〜14.0%
来店不要 不要 無料 800万円
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

管理人より
こちらも大銀行、みずほ銀行が発行するカードローンです。有名な銀行だけあって、年齢性別問わず人気の高いカードローンです。
年齢条件が満20歳以上66歳未満ですので、60歳の方であればお申し込みは可能です。
基幹ともいえる大銀行なので、ATM網も豊富であり、便利に使えるカードローンになります。

 

今すぐお申し込みいただけます。

>>貸付条件はこちら

 

 

オリックス銀行カードローン

金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 限度額最高
1.7%〜17.8% 迅速 不要 なし 最高800万
アルバイト・自営業可
満20歳以上69歳未満で毎月安定した収入がある方が対象です。


管理人より
オリックス銀行は68歳まで申込みが可能です。
オリックス銀行は下限金利が1.7%と非常に低いことから人気が高いカードローンになります。限度額も最高で800万円までありますから個人の借り入れには充分対応可能です。金利は100万円〜200万円コースあたりが他のカードローン以上に低金利となる可能性があります。
今すぐお申し込みいただけます。

 

>>貸付条件はこちら

カードローン基礎知識

カードローンって何?

カードローンとは、個人向け融資の代表的なローン商品で、カードを使ってお金の借り入れや返済を行います。似たようなものにキャッシングがありますが、双方に大きな違いはありません。
使用者ごと(=カードごと)に融資限度額が決められており、融資限度額に応じて金利も違ってきます。

 

カードローンのメリットは?

カードローンのメリットとしては、そのカードの限度額以内であれば、何度でも借り入れができるという点にあります。返済ができない状態にならない限りはカードを使ってお金を借りることができますので大変便利で今では一般的なものになっています。
また、最近では各社とも提携金融機関が増えており、銀行やコンビニのATMを使っての返済や再借り入れが容易な点もカードローン人気に拍車をかけています。

 

 

利用できる年齢条件は?

基本的には20歳から60歳前後というのが一般的な年齢条件になります。成人してから定年までといった感じでしょうか。

 

中には学生向けのローン商品を用意している業者もありますが、それでも20歳という年齢はどこも設定している年齢条件になりますので未成年の場合は利用することができません。利用可能としているところはまず闇金融のたぐいですから絶対に利用しないようにしましょう。

 

一方、上限年齢の方は、各社さまざまです。
銀行系であれば特にシビアである点が多く、「満60歳未満』とか「60歳以下」とか、そういった条件設定をしているところも多くあります。

 

一方、アコムなどのカードローン専業消費者金融になると、上限年齢を設定していないところもあります。そういったところは『当社基準をクリアする人』といったあいまいな表現で条件設定をしています。場合によっては65歳とか70歳以上の人でも収入が充分であれば借りられるケースも考えられます(参照:65歳以上でも借りられるカードローン

 

 

借り入れの方法は?

カードローンでの借り入れはカードを使ってATMで現金を引き出すか、会員専用サイトから自分の口座へ振り込み手続きをして融資を受けるか、大体このどちらかです。

 

 

返済方法は?

こちらもコンビニや銀行のATMでの返済の他、現金書留やコンビニ振込みなどの返済方法が可能なところもあります。
コンビニATMが使えるというのは返済をしていくうえで非常に便利なようです。

 

 

担保や保証人は?

原則、カードローンでは担保も保証人も必要ありません。保証会社が保証してくれるからですが、この保証会社が保証してくれなければ、カードローンの申し込みをしても審査に通りません。

 

 

申込手続きは?

基本的にインターネットから必要事項を入力するだけですぐに申込ができます。
審査完了後に審査通過ということになれば、必要書類をやり取りして契約ということになりますが、インターネットからの仮審査が通過すれば即融資してくれるところも珍しくはありません。

 

 

必要書類は?

融資限度額によって違ってきますが、50万円以下の限度額の場合は運転免許証のコピーのみでOKだったりするケースがほとんどです。
100万円を超えるような高額融資限度額を希望する場合は、別途収入を証明する書類(給与明細等)が必要になったりもします。

生活費などのお金を借りる方法netなら断然銀行のカードローンがおすすめです。低金利で高額融資枠をもらえる場合もあります。
銀行以外にも大手消費者金融であれば個人向けローンが各種ご利用いただけます。審査もスピーディで金利も低く、おすすめです。